PR

ダゾーン全プラン値段と「DAZN for docomo」値段の違いを比較

DAZN(ダゾーン)全プランの値段と、「DAZN for docomo」の値段について違いを比較してみます。

『DAZN』スポーツ専門の動画配信サービスを見てみる

『DAZN for docomo』スポーツ専門の動画配信サービスを見てみる

ダゾーンの全プラン

ダゾーンには、いくつかの料金プランがあります。

「DAZN Standard(ダゾーン・スタンダード)」は、ダゾーンの全てのコンテンツが視聴できる基本プラン。

「DAZN Global(ダゾーン グローバル)」は、スタンダードの下位にあたるプランで、見れる動画が限定されており、マイナースポーツ中心。野球やサッカー、F1などのメジャースポーツは見れません。

「DAZN BASEBALL(ダゾーン・ベースボール)」は、野球専門の料金プラン。
プロ野球しか見れません。
野球だけ見る方にはお得ですが、他のスポーツは視聴不可であることに注意が必要です。

※「DAZN」【公式】はこちら
DAZN

※「DAZN for docomo」【公式】はこちら

ダゾーン・スタンダードの値段

「DAZN Standard(ダゾーン・スタンダード)」には、料金プランがいくつかあります。

スタンダードプランの「月間プラン」の値段が月額4,200円、「年間プラン(一括払い)」の値段が年額32,000円、「年間プラン(月々払い)」の値段は月ごとに3,200円のお支払い。

「年間プラン(月々払い)」は1年間の契約となり、中途解約はできません。
DAZN年間プランは途中解約できないし返金もない「月々払い」も同じ

ダゾーン・グローバルの値段

「DAZN Global(ダゾーン グローバル)」の値段は、月額980円(税込)。

このグローバルプランは月間プラン(月額料金での支払い)だけ。
年間プラン(1年間の契約)はありません。

ダゾーン・ベースボールの値段

「DAZN Baseball(ダゾーン・ベースボール)」の値段は、月2,300円。
「年間プラン(月々払い)」となっています。

このダゾーン・ベースボールには、「月間プラン」や「年間プラン(一括払い)」はありません。

「DAZN Baseball」は計算上、総額27,600円(1年分)となる。
「年間プラン(月々払い)」は1年間の契約となり、中途解約はできません。
DAZNベースボール途中解約不可(プロ野球パックは返金なしの年契約)
「DAZN for docomo」から「DAZN BASEBALL」へプラン変更できません。
ドコモ経由のDAZNから野球専門「DAZN BASEBALL」へ変更できる?
「DMM×DAZNホーダイ」から「DAZN BASEBALL」へプラン変更できません。
「DMM×DAZNホーダイ」から野球専門「DAZN BASEBALL」へ変更できる?

ダゾーン・フリーミアムは無料

「DAZN Freemium(ダゾーン・フリーミアム)」は無料で使える料金プラン。
値段設定はありません。

フリーミアムプランで見れる動画は極めて少ない。
限定された動画だけ見れる代わりに料金が無料になっています。
このフリーミアムは、無料トライアルではありません。
DAZN(ダゾーン)に無料トライアル期間はありません。

「DAZN for docomo」(ドコモ契約ダゾーンの値段)

「DAZN for docomo」の値段は、月額4,200円(税込)。
1か月ごとの契約で自動更新。
このプラン1つだけで、他の料金プランはありません。

「DAZN for docomo」とは、docomo経由でドコモと契約して入会するダゾーン。
「DAZN Standard(ダゾーン・スタンダード)」同等のサービス内容が提供されますので、人気のメジャースポーツであるサッカー、野球、F1など、DAZNで配信中の全スポーツを視聴できます。
「DAZN for docomo」と「DAZN」の違い。ドコモユーザーはどうする?
「DAZN for docomo」ドコモ解約したらドコモ以外の他キャリアでも使える?

値段の違いを比較

ダゾーンの全プランの値段と「DAZN for docomo」の値段で、違いを比較してみます。

スタンダード
(月間プラン)
月額4,200円
スタンダード
年間プラン(一括払い)
年額32,000円
スタンダード
年間プラン(月々払い)
月3,200円
グローバル 月額980円
ベースボール
年間プラン(月々払い)
月2,300円
フリーミアム
(値段なし)
無料
「DAZN for docomo」
月額料金制
月額4,200円
(※3,436円)
「DMM × DAZNホーダイ」
月額料金制
月額3,480円

最も安いのが、フリーミアムとグローバルですが、見れるコンテンツが限られます。
フリーミアムは対象となる少しの動画だけ視聴可能で、見たいものを自分では選べません。
グローバルは、野球やサッカー、F1などが見れません。

次に安いのが、ベースボールですが、野球しか見れません。
野球だけ見たい方には最適なプランであり、「スタンダード」の全プランより安いのでお得だと言えるでしょう。

全てのスポーツを見るなら、スタンダードか、「DAZN for docomo」や「DMM×DAZNホーダイ」ということになります。

スタンダードの月間プランと「DAZN for docomo」の月額料金は同じ値段。

これらより、スタンダードの「年間プラン(月々払い)」が安く、1か月あたりの計算でさらに安価になる「年間プラン(一括払い)」が最も安い。

「年間プラン(一括払い)」は1年分の値段を一括で支払うプランですが、1か月分で計算してみると約2,667円/月。
「DAZN for docomo」では、DAZNにおける一部のオプションサービスは使えませんが、料金面では、ドコモが提供するセット割りやポイント還元キャンペーンなどを活用すると、実質的に割引料金(※月3,436円)で利用することも可能。(※この詳しい解説は後述します)

ダゾーンの値段は980円ですか?

ダゾーンの値段は980円の料金プランもありますが、これは「DAZN Global(ダゾーン グローバル)」ですので、限られた動画数でマイナースポーツを見るだけ。
ダゾーンにあるコンテンツを自由に見たいなら、「DAZN Standard(ダゾーン・スタンダード)」へ入会する必要があります。

ダゾーンの値段は高くなった?(値上げ)

ダゾーンの値段が高くなったのは間違いありません。

毎年のように値上げがあり、直近では2024年2月に値段が高くなった。
ダゾーン「月間プラン」が月額3,700円から500円値上げで月額4,200円へ料金改定されています。

ダゾーン値段推移

ダゾーン値段推移は、以下のようになります。

【DAZN】
月額料金の推移
2016年
1,890円(税込)
2019年
1,925円(税込)
2022年
3,000円(税込)
2023年
3,700円(税込)
2024年
4,200円(税込)

DAZNプリペイドカードの値段

DAZNプリペイドカードの値段は、以下の通り。

・1ヶ月分:3,700円(税込)
・6ヶ月分:18,000円(税込)
・12ヶ月分:30,000円(税込)
有効期限内であれば、2024年2月14日以降もそのまま追加料金なしで利用できます。
2024年2月14日にダゾーンで料金改定(値上げ)がありました。
価格改定時期については現在調整中とのこと。
DAZNプリペイドカードを使えば、クレジットカードやデビットカードを使わずにDAZNを利用できる。

DAZNチケットの値段

DAZNチケットの値段は、以下の通り。

・1ヶ月分:3,700円(税込)
・6ヶ月分:18,000円(税込)
・12ヶ月分:30,000円(税込)
有効期限内であれば、2024年2月14日以降もそのまま追加料金なしで利用できます。
2024年2月14日にダゾーンで料金改定(値上げ)がありました。
価格改定時期については現在調整中とのこと。
DAZNチケットを使えば、クレジットカードやデビットカードを使わずにDAZNを利用できる。

DAZN年間パスの値段

ダゾーンの年間視聴パスの値段は年間一括27,000円です。

但し、販売期間が限定されており、2023年10月2日(月)10時00分~2024年3月31日(日)23時59分までで販売終了しています。

DAZNの値段が高いという口コミ

DAZNの値段が高いという口コミが見受けられます。

特に、毎年のように値上げしていくことが印象悪くなっているようです。

実際、値段はサービス開始時点の2倍以上に高くなっていますし、他の動画配信サービスの月額料金が1000円~2000円前後であることを考慮しても、DAZNの値段が高いということは事実だと言えるのかもしれません。

DAZNを安く見る方法はある?

DAZNを安く見る方法としては、「年間プラン(一括払い)」が最も安い。
野球だけ見れればいいという方には、「DAZN Baseball(ダゾーン・ベースボール)」が最も安い。

月額料金で安く見る方法としては、「DMM×DAZNホーダイ」がある。
また、ドコモの携帯電話ユーザーなら「DAZN for docomo」でポイント還元などを受ける方法が考えられます。(以下に解説あり)

また、ダゾーンを1日だけ見るなら、インターネットカフェやスポーツバーで見れる店舗も存在しています。
あるいはホテルでダゾーンを配信しているところがありますので探してみるのもいいでしょう。

ダゾーンどこで入るのがお得?

ダゾーンは、どこで入るのがお得でしょうか。

年間契約ではなく、月額制でお探しなのであれば、「DMM×DAZNホーダイ」が安い。

ドコモの携帯電話ユーザーおよびドコモ関連サービスをご利用中なら「DAZN for docomo」がおすすめ。
各種ポイントバックや値引きを受ければ、月額4,200円を最大で実質2,916円にすることもできなくはないからです。

「爆アゲセレクション」764pt+「dカードGOLD」300pt+「Leminoプレミアム」220円引き。
これらの還元や割引によって月額4,200円が月2,916円に。
さらに毎月抽選で500円分の「くじクーポン」が当たるチャンスも。

特に、ドコモ携帯電話ユーザーなら、ポイント還元「爆アゲセレクション」がお得。
以下にご説明いたします。

「DAZN for docomo」(「爆アゲセレクション」でお得)

「DAZN for docomo」は、ドコモ経由でDAZNを利用する方法。
ドコモの携帯電話利用者でなくても、「dアカウント」があれば誰でも契約できる。
配信されているコンテンツや利用方法、月額料金も同じ。

ahamo・eximo・ギガホをご契約中で「DAZN for docomo」に契約すると、毎月764ptのdポイント(期間・用途限定)が還元され、実質月額3,436円で「DAZN for docomo」を利用できるのでお得です。(「爆アゲセレクション」)

「DAZN for docomo」はこちら。〈ahamo・ギガホ限定〉月額4,200円でご利用いただいているお客さまに、dポイント(期間・用途限定)を毎月764pt還元!※適用条件はサービスページをご確認ください。
※「DAZN for docomo」はこちら

「DMM×DAZNホーダイ」(「DAZN」より安くてお得)

「DMM×DAZNホーダイ」は、「DMMプレミアム」と「DAZN」の2つが両方使えるセットプラン。
料金は月額3,480円(税込)。
2つを契約する合計金額よりも月1,270円安くなる、大変お得なサービスになっています。

しかも単純に「DAZN」の月額料金よりも安いですので、月額プランのユーザーは移行しての乗り換えがおすすめ。

「DMMプレミアム」では、動画配信サービス「DMM TV」などのサービスが利用できるため、スポーツ以外の動画も視聴できるメリットも。

「DMM × DAZNホーダイ」【公式】は、こちらへ

※「DMM×DAZNホーダイ」【公式】は、こちら
DMM×DAZNホーダイ

「DAZN」とは?


「DAZN」とは、スポーツ専門の動画配信サービス。

人気のサッカーや野球だけでなく、F1などのモータースポーツ、テニス、ゴルフ、バレーボール、バスケットボール、ラグビー、アメリカンフットボールなど、国内外の様々なスポーツの試合を見ることができる。

スマホ、タブレット端末、パソコン、テレビなどで視聴する。

LIVE配信での生中継や、アーカイブによる見逃し配信も。

また、スポーツに関する番組なども配信しています。

「DAZN」の公式サイトはこちらから(好きなスポーツがいつでもどこでも見放題)サッカー・野球・モータースポーツ・ゴルフ・バスケットボール・テニス・ボクシング・格闘技・など他
※「DAZN」【公式】は、こちら
DAZN

関連記事

ダゾーン全プラン値段と「DMM×DAZNホーダイ」値段の違いを比較
DAZNでサッカー見れるものは?サッカーだけ見たい料金プランあるか
DAZNをホテルで見る方法は?テレビで見るならFire TV Stickが必要か
【DAZN】お店で流す法人契約料金は?スポーツバーや商業施設で上映できる「DAZN for BUSINESS」