PR

スポーツ観戦できる飲食店に「DAZN FOR BUSINESS」導入がおすすめな理由

スポーツ観戦できる飲食店に「DAZN FOR BUSINESS」導入がおすすめな理由について解説させていただきます。

「DAZN for BUSINESS」バーなどお店でスポーツ専門の動画配信サービスDAZNを流せる(法人契約のDAZN)

スポーツ観戦できる飲食店がある


スポーツ観戦できる飲食店があります。
バー、レストラン、居酒屋、バル、パブ、スナックなど。

その中でもスポーツバーはスポーツ中継が見れるバーですから、スポーツ観戦できる飲食店としては代表的なお店だと言えるでしょう。

お客さん側としては、スタジアムや自宅での個人観戦とは、違った興奮や楽しさがある。
仲間や友人達と共に訪れることも盛り上がる。
パブリックビューイングとしても利用できます。

お店側としては、売上や客単価、リピート客が増えることにつながりやすいメリットがある。

これらの飲食店はDAZNなどのスポーツ動画配信サービスやケーブルテレビなどと法人契約して流しています。

もし、家庭用の契約や個人契約でスポーツ中継などスポーツの試合を流していたら違法上映です。
録画したテレビ番組や、DVD、ブルーレイ、ビデオなどの放映も違法。
地上波テレビ放送は、リアルタイムに放送中のものを家庭用機器で流す場合に限り合法だとされています。

飲食店でDAZNの放映は違法

飲食店で「DAZN」の放映は違法上映になりますので注意が必要です。

すなわち、個人契約の「DAZN」を飲食店の店舗で流すことはできません。
店舗の規模や種類は関係なく、営利目的のお店でDAZNの映像や音声を使ってはいけません。

「DAZN」は、個人使用と非営利使用の範囲内でだけ、視聴が認められています。

DAZNは飲食店で流せますか?


個人向け「DAZN」は飲食店で流せません。
有料でお金を支払っていても、飲食店で「DAZN」を放映してはいけません。

テレビ・パソコン・タブレット端末・スマホ・ゲーム機、いかなる方法を使ってもお店で流すのは許されません。

違法上映を報告する専用フォームがあり、目撃者からDAZNの運営本部へ通報されることがあります。
通報の結果、違法上映で著作権侵害となれば、罰則として10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金の対象になります。また、法人の場合は億単位の罰金になることもありますのでご注意ください。

DAZNは法人でも利用できますか?

飲食店でプロスポーツなどの映像を放映する場合、法人契約が必須となります。
DAZNも同じ。

ですから、DAZNと法人契約することで、法人でもDAZNを利用できます。

DAZNを飲食店の店舗で流すのであれば、DAZNと法人契約することが必須。
個人事業主の飲食店も同じ。

法人契約「DAZN For Business」


「DAZN」の法人契約は「DAZN For Business」です。

サッカー・野球・モータースポーツ・ゴルフ・バスケットボール・テニス・ボクシング・格闘技など、国内外のスポーツを、営利目的の飲食店などの店舗内や商業施設で合法的に上映できるようになります。

大型モニターや音響設備を使って放映することも可能。

※「DAZN for BUSINESS」はこちら
「DAZN For Business」

飲食店に「DAZN For Business」導入がおすすめな理由


飲食店に「DAZN For Business」導入がおすすめな理由としては、まず、スポーツ観戦やスポーツ中継の環境を店舗内に導入することが簡単なこと。
申し込み手続きや用意すべき設備など、全ての面が煩雑ではないので導入しやすい。

導入することで、スポーツのファンなど新しい顧客の獲得が見込める。
団体のお客様も増えることでしょう。
これまでの既存のお客様やスポーツのファンではない方々の、集客率やリピーター率が向上する可能性が高まります。

そして客単価の向上と長時間滞在につながる傾向がある。
これらはお店の売上向上をもたらし、お客様の満足度にもつながります。

バー・レストラン導入例

飲食店における「DAZN for BUSINESS」の導入例としては以下のようなお店があり、他にも多くの飲食店や法人が、店舗でのスポーツ観戦や試合の生中継サービスとして採用しています。

【バー・レストラン】
英国風パブ HUB(ハブ)
IRISH PUB CELTS(アイリッシュパブ ケルツ)
PRONTO(プロント)
サッポロライオン
dining & bar ESTADIO(エスタディオ)
バー・パブリックスタンド (The Public Stand)パブスタ
THE FooTNiK / フットニック
酒蔵 力(RIKI)リキ
BOOBYS TOYOTA
ウルフギャング・ステーキハウス

DAZNで法人契約する料金

法人契約「DAZN For Business」の料金については、固定された金額ではありません。

なぜなら、法人用料金が店舗内の座席数や収容人数といった、店舗の規模によって異なるからです。

具体的な金額については、問い合わせることで、DAZNもしくはDAZN公認の販売代理店から価格を含む詳細説明があります。
そこでの見積もりやサービス内容についてご確認いただき、そこから導入検討していただければと思います。

そのためにも、まずは「DAZN for BUSINESS」へお問い合わせください。

「DAZN for BUSINESS」(法人契約)公式サイトはこちらから(お店でスポーツが見放題に。サッカー・野球・モータースポーツ・ゴルフ・バスケットボール・テニス・ボクシング・格闘技・など他)
※「DAZN for BUSINESS」【公式】はこちら
「DAZN For Business」

関連記事

DAZNを1日だけ見る方法はある?無料期間は?
DAZNをホテルで見る方法は?テレビで見るならFire TV Stickが必要か
DAZN【値上げ】2024年2月から料金変更と野球プラン新設
ダゾーンの料金はいくら?【DAZN月額】どこが安い?
NFLゲームパスをDAZNで見る方法。料金はいくら?(2023年)
DAZN配信【欧州サッカー】【FIBAバスケワールドカップ】2023年8月ライブ配信
「AFCアジアカップ2023」どこで見れる?DAZNとテレ朝【独占生中継】サッカー
DAZNとは何が見れる?口コミは?(評判・評価)