PR

Huluとディズニープラス両方入るメリットとデメリットは?

「Hulu」と「Disney+(ディズニープラス)」両方に入るメリットとデメリットについて。

「Hulu | Disney+ セットプラン」で「Hulu」も「Disney+(ディズニープラス)」も、両方が見放題

「Hulu」で人気の映画、国内外のドラマ、アニメ、バラエティを見る。

Disney+(ディズニープラス)で映画・ドラマ・アニメを見る。

【メリット】Huluとディズニープラス両方に入る

「Hulu」と「Disney+(ディズニープラス)」両方に入るメリットは、見れる作品数が増えること。
様々なジャンルの映画・ドラマ・アニメはもちろん、他にも各種のバラエティー番組、テレビ番組、スポーツ番組、音楽番組などを見ることが可能になります。

特にオリジナル作品や独占配信の作品は、そこでしか見れません。
Huluにも、ディズニープラスにも、そういった作品がありますから、両方の独自作品を見れるのはメリット。

子供向けの作品がより充実して幅が広がることや、同時視聴およびプロフィールを分けて使うこともできますので、ご家族での共有にも向いています。

また、どちらも動画配信サービスでは珍しい英語字幕に対応していますし、吹き替え版も合わせて語学学習にも活用する目的ではとてもよい組み合わせだと言えるでしょう。

※「Hulu」【公式】は、こちら
Hulu

※Disney+(ディズニープラス)【公式】はこちら
Disney+dアカウント以外<月間プラン>

【デメリット】Huluとディズニープラス両方入る

Huluとディズニープラス両方に入るデメリットは、料金が余計にかかってしまうこと。
ただ、この件は解決する方法がありますので、後述させていただきます。

他のデメリットですが、せっかく見放題であるにも関わらず、両方で見ていくと、見る時間が足りないかもしれません。
Huluだけで映画を見て満足できれば、ディズニープラスに入る必要はなかったとも言えるでしょう。

見たい作品が見つかっても、両方で見放題作品になっているのなら損しているとも言えます。
同様に、見たい作品がHuluに全部あったら、ディズニープラスに入る必要はなかったとも言えるでしょう。

「Disney+(ディズニープラス)」が おすすめな人


「Disney+(ディズニープラス)」がおすすめな人は、どのような人でしょうか。

ディズニープラスでは、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィック、スターの名作・話題作が見放題ですから、アクション、SF、サスペンス&スリル、ホラー、恋愛ドラマ、アニメと、大人だけでなく子供さんにも楽しめるコンテンツが多数。

子ども向けの教育番組や、幅広い年齢層のキッズ作品も充実。

また、韓国ドラマや、オリジナル作品・独占配信作品も提供されています。

動画配信サービスでは数少ない英語字幕に対応しており、日本語吹き替え版もありますから、語学学習にも活用できる。
世界各国の多言語に対応しているのはディズニープラスだけ。

料金の支払いは月額料金が基本ですが、1年分を一括で支払う年額のプランもあり、こちらのほうが安くてお得。

「Hulu」が おすすめな人


Huluがおすすめな人は、どのような人でしょうか。

Huluでは、様々なジャンルの映画・ドラマ・アニメが見れるのはもちろんですが、特に、日本テレビ系のテレビ番組や、スポーツ、音楽ライブが好きな人に向いています。

海外ドラマや日テレ系ドラマが充実しているのも特徴。
海外ドラマの日本国内最速での配信開始にも強い傾向。

配信本数10万本以上とされ、日本の動画配信サービスの中でも、配信本数や見放題の数でトップレベル。
映画・ドラマ・アニメだけでなく、バラエティー番組や音楽番組なども視聴できます。

動画配信サービスでは数少ない英語字幕に対応していますから、語学学習にも活用できる。

再生速度の変更や、OP/EDスキップ機能など、便利に視聴できる機能も充実しています。

何より日テレ系の過去のコンテンツや、見逃し配信など、日本テレビ系の番組を見るならHuluしかありません。

料金も、動画配信サービスとして標準的な金額ですので入会しやすい。

料金で比較(Huluとディズニープラス)

「Hulu」の料金は月額1,026円(税込)。

「Disney+(ディズニープラス)」の料金は、スタンダードプラン月額990円(年額9,900円)、プレミアムプラン月額1,320円(年額13,200円)。

なお、ディズニープラスを1年分一括支払いする年額プランの場合、計算すると、1か月分は、スタンダード825円、プレミアム1,100円になります。

よって比較すると、「Hulu」より安いのは、ディズニープラスのスタンダードプランであり、プレミアムプランは「Hulu」より高いことがわかります。

スタンダードプランとプレミアムプランの違い

ディズニープラスには、スタンダードプランとプレミアムプランがありますが違いは何でしょうか。

「スタンダードプラン」は、月額990円(年額9,900円)、「1080P Full HD」、「5.1サラウンド」、同時視聴台数2台、ダウンロード機能10台まで。

「プレミアムプラン」は、月額1,320円(年額13,200円)、「4K UHD & HDR」、「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」、同時視聴台数4台、ダウンロード機能10台まで。

それ以外は同じサービス内容。

要は、最高画質を「4K UHD & HDR」、最高音質を「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」、同時視聴台数を4台にしたければ、上位プランの「プレミアムプラン」が必要になります。

「Hulu」の同時視聴台数は4台まで。
ダウンロードは2台まで。
一部の作品で4K UHD/HDR/5.1chサラウンドに対応。

「Hulu | Disney+ セットプラン」

「Hulu | Disney+ セットプラン」をご紹介します。

動画配信サービス「Hulu | Disney+ セットプラン」とは、動画配信サービス「Hulu」と、動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の両方が使えるセットプラン。
ディズニープラスは、プレミアムプランのサービス内容で提供されます。

全コンテンツが見放題で、それぞれ単独の契約時と全く同じように使えますので、見れる本数が圧倒的に膨大に増える。
両方のオリジナル作品や独占配信も見れる。

しかも、それぞれを単独で、2つの契約をするよりも安くてお得な料金の月額1,490円。
「Hulu」と「Disney+(ディズニープラス)」の2サービス両方を利用するなら、この「Hulu | Disney+ セットプラン」に登録して、1つの契約にするべきです。

複数の動画配信サービスを利用すると料金が高くなるデメリットが解消。
2サービスで1,490円ということは、1サービスあたり745円と考えても安いでしょう。

デメリットは、支払い方法がクレジットカードだけであることや、1年契約の年間一括払いは無いこと。
また、解約すると、両方が同時に解約になること。

クレカをお持ちでない方や、クレカ払いしたくない方。
最終的に、どちらか1つだけを利用していく予定だという方。

それ以外の方にとっては、ほぼメリットしかありません。
他社サービスと比較しても、とてもお得な動画配信サービスのひとつと言えるでしょう。

特に、Huluとディズニープラス両方入るメリットとデメリットついてお考えの方には、どちらかひとつに入会するのを迷うよりも、「Hulu | Disney+ セットプラン」へ入会するのがおすすめです。

「Hulu | Disney+ セットプラン」【公式】はこちら

※「Hulu | Disney+ セットプラン」【公式】はこちら
Hulu | Disney+ セットプラン

「Hulu」【公式】は、こちらへ
※「Hulu」【公式】は、こちら
Hulu

Disney+(ディズニープラス)【公式】はこちら。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィック、スターの名作・話題作が見放題。
※Disney+(ディズニープラス)【公式】はこちら
【a】Disney+(ディズニープラス)dアカウント以外

関連記事

「Hulu | Disney+ セットプラン」のデメリットはある?メリットは?
「Hulu | Disney+ セットプラン」同時視聴。同じ作品は何台まで同時に見れる?
「Hulu」と「ディズニープラス」両方入ってる人の場合は統合できる?
「Hulu」「ディズニープラス」すでに登録済みでセットプラン移行する方法と移行料金
「Hulu | Disney+ セットプラン」年払い料金で年間契約できる?
「Hulu | Disney+ セットプラン」docomo経由とどっちが安いお得?
ディズニープラスがFire TV Stickで見れない?Disney+をテレビで見る方法
HuluがFire TV Stickで見れない?1か月無料?
Huluで課金したのに見れないのはなぜ?
ディズニープラスで大谷翔平ドキュメンタリー映画【独占配信】「Shohei Ohtani – Beyond the Dream」(2023年11月)