PR

「DMM TV」と「dアニメストア」どっちがいい?違いを比較してみた

「DMM TV」と「dアニメストア」の違いを比較してみました。

どちらもアニメが中心の動画配信サービスで、料金も同じ月額550円。

その違いは何か?どちらがよいのでしょうか。

動画配信サービス『DMM TV』でアニメ・映画・ドラマ・バラエティを見る

<アニメ総合見放題サイト>「dアニメストア」TV放送中の最新作からなつかしの作品まで、あなたが見たいアニメがきっとみつかる!さらにはアニソンライブやミュージカルも配信!

「DMM TV」とは?

「DMM TV」は、アニメ・エンタメ作品が充実した動画配信サービス。

約5,600本のアニメ作品を中心に19万本以上の動画を配信。

話題の新作アニメ、懐かしの名作アニメは、もちろん、2.5次元・舞台、特撮、キッズ、映画、ドラマ、バラエティ(お笑い)、DMM TVオリジナルのドラマなど独占作品も含めて見放題。

新作アニメの見放題作品数と先行配信数はNo.1(2023年4月時点)となっています。

※「DMM TV」はこちら
DMMプレミアム(DMM TV)

「dアニメストア」とは?

「dアニメストア」は、アニメだけに特化したアニメ専門の動画配信サービス。

配信数は、5,700作品以上とされており、そのほとんどがアニメ作品。

アニメ作品以外では、アニメを原作にした2.5次元舞台、アニソンのLIVEや、声優の番組など、アニメに関する動画しか配信していません。

見放題作品が多く、アニメ最速配信数もNo.1とされています。

dアニメストア「d」とはドコモが由来ですが、ドコモ以外の携帯電話ユーザーでも入会できます。
ドコモ携帯ユーザー以外の方は「dアカウント」が必要。
「dアカウント」の登録は無料。

※「dアニメストア」こちら

料金の違い

「DMM TV」と「dアニメストア」で料金の違い。

料金はどちらも月額550円で同じとなっています。

年間プランなどの年額支払いはありません。
「dアニメストア」は、アプリ内課金で入会すると月額650円になります。
dアニメストア650円と550円の違い。料金値上げなの?

無料トライアル

どちらも初回登録には、無料トライアルがあり、お試しできます。

「DMM TV」初回30日間無料で、「dアニメストア」は初回31日間無料の無料体験が提供される。

およそ1か月間、初月が無料ということになり、その後は自動更新で継続になります。

「dアニメストア」は、アプリ内課金で入会すると初回14日間無料になります。

作品数・配信本数の違い

作品数・配信本数の違いですが、「DMM TV」19万本以上、「dアニメストア」5,700作品以上の動画を配信中。

数だけで比較すると「DMM TV」のほうがはるかに多い印象ですが、アニメに限って比較するとそうではありません。

「DMM TV」でのアニメ配信本数は約5,600本。

「dアニメストア」での配信数5,700作品以上のほとんどがアニメ作品なのです。

よって、アニメファン、アニメを見るという目的においては、両者のアニメ配信本数は、ほぼ同じだと言えるでしょう。

配信ジャンルの違い

配信ジャンルに違いがあります。

「DMM TV」は、アニメ作品を中心に、映画、ドラマ、バラエティ(お笑い)、2.5次元舞台、特撮、キッズ、オリジナル作品などが見放題。
アニメと関係なく、映画やドラマ、バラエティ番組などもあり、幅広いジャンルの動画が見れる。

「dアニメストア」は、アニメ作品を中心に、アニメや声優に関係ある舞台、コンサート、番組などを配信中。
アニメに関係しない動画はありません。

利用できるポイント

利用できるポイントに違いがあります。

「DMM TV」は、「DMMポイント」。

「dアニメストア」は、「dポイント」。

「dアニメストア」は月額利用料の支払いでdポイントがたまる。
電子書籍でdポイントがたまる・つかえる。

支払い方法

「DMM TV」の支払い方法は、クレジットカード、DMMポイント、TVコイン、キャリア決済(d払い、auかんたん決済、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い)。
あるいはアプリ内課金(Amazon Fire TV)。

「dアニメストア」の支払い方法は、キャリア決済(ドコモ)、クレジットカード決済。
あるいは、アプリ内課金(App Store決済、Google Play決済)。

「dポイント」を月額利用料金(550円)には使用できません。

デバイス・端末

どちらもマルチデバイス対応。
テレビ、スマホ、タブレット端末、パソコン、ゲーム機など、いろいろな端末で視聴できます。

「DMM TV」デバイス・端末
【スマートフォン・タブレット】
(iOS/Android)
「iOS 16 以上」
Google Chrome 最新版
標準搭載されている Safari
「Android 10 以上」
Google Chrome 最新版
【パソコン】
「Windows 10 以上」
Google Chrome 最新版
Mozilla Firefox 最新版
Microsoft Edge 最新版
「macOS 10.15 Catalina 以上」
Google Chrome 最新版
Mozilla Firefox 最新版
標準搭載されている Safari
【Amazon Fire TV】
Fire TV Stick など
【Android TV】
【テレビ】
アクオス
メーカーが設定している型番ラインがD, E, Fで始まる4K対応機種
レグザ
2021年以降に発売された、リモコンに「レグザナビ」ボタンのある機種
Hisense
2022年に発売された機種
※2023年以降に発売されたモデルへの対応は未定
ビエラ
2017年以降に発売された4K対応機種
【ゲーム機】
PlayStation®4
PlayStation®5
PlayStation VR
PlayStation VR2

「dアニメストア」デバイス・端末

スマートフォン/タブレット
Android OS 5.0~13.0
iOS 12.0~17.3

パソコン
・Windows10
・Windows11
・macOS 10.15以上

ブラウザ(推奨)
・Chrome最新バージョン(Windows、Mac)
・Microsoft Edge(Windows)
・Firefox最新バージョン(Windows)

その他の対応デバイス

Fire TV
Fire OS 5.2以上

Android TV
Android OS 7.0以上

popIn Aladdin
Android OS 9

プレイステーション 4
システムソフトウェア 8.0.0以上

画質・解像度

「DMM TV」では、「AUTO」「4K」「HD」「SD」から、画質を選んで再生できます。

「dアニメストア」は、「最高画質(フルHD)」「高画質(HD)」「中画質(SD)」「低画質(SD)」「最低画質(SD)」から、画質を選んで再生できます。

「dアニメストア」がフルHDまでに対して、「DMM TV」は「4K」まで対応しています。
但し、それは「DMM TV」が映画やドラマも配信しているからであり、アニメ作品で「4K」対応があるとは限りません。

また、古いアニメ作品では、その映像そのものが低画質なので、高画質・高解像度での視聴はできません。

アニメ作品に関しては、元の作品と同じ画質で見れる、どちらもほぼ同じと考えればいいでしょう。

同時視聴

「DMM TV」では同時視聴できませんが、プロフィールを追加すれば、それぞれのプロフィールで4台までの同時再生ができます。

「dアニメストア」は同時視聴できません。

プロフィール(共有)

「DMM TV」では、1つのアカウントだけで、複数のプロフィールを作成して、共有できます。

「dアニメストア」に、プロフィール機能はありません。

ダウンロード

どちらも、ダウンロード可能。

端末に動画をダウンロードしておけば、オフライン再生できる。

アプリの違い

「DMM TV」「dアニメストア」ともに、公式アプリがあります。

アプリは無料です。

OP/ED・スキップ機能

「DMM TV」では、オープニング・スキップ機能、エンディング・スキップ機能があります。

「dアニメストア」では、オープニング・スキップ機能があります。

機能の違い

視聴する際の機能の違いは、以下の通り。

<「DMM TV」の機能>
早送り・早戻し機能。
秒数を10秒・30秒・60秒で設定可。
連続再生の設定あり。
再生速度の変更可
低速:0.06~0.75倍(4段階)
高速:1.25~2.0倍(4段階)
OP/EDスキップ機能あり。
(自動・手動・オフ)
<「dアニメストア」の機能>
早送り・早戻し機能。
秒数を10秒・30秒・60秒・90秒で設定可。
連続再生の設定あり。
再生速度の変更可。
(1.0・1.25・1.5・2.0倍)
オープニングスキップ機能あり。

動画以外のサービス提供

「DMM TV」で動画以外のサービスはありませんが、「DMMプレミアム」会員として、DMMが提供する様々なサービスが利用できる。
DMMクーポン(会員限定クーポンあり)、DMMプレミアム会員特典、映画チケット交換、プレミアムチケットのプレゼント、セットプランの提供。
電子書籍のDMMブックス、DMM GAMES、DMMスクラッチ、DMMオンラインクレーン、DMM通販、DMM英会話、その他の各種サービス。

「dアニメストア」で動画以外のサービスは、アニメのグッズや電子書籍の購入ができます。

「DMM TV」と「DMMプレミアム」の違い

「DMM TV」と「DMMプレミアム」の違いは何でしょうか。

「DMM TV」とは動画配信サービスのサービス名。

「DMMプレミアム」とは、DMMの有料会員のこと。
「DMMプレミアム」の会員に提供される、様々なサービスのひとつが「DMM TV」。

すなわち「DMMプレミアム」という有料会員(月額550円)になると、動画配信サービス「DMM TV」を利用できるようになる。

成人向け作品

「DMMプレミアム」会員は「FANZA TV」も利用できる。

よって、「DMM TV」を利用するなら、「FANZA TV」の成人向けコンテンツや、「DMM TV」のグラビアが見放題。

成人向け作品は別サイトでの視聴になります。
「グラビア・アダルトを表示」OFFに設定すれば表示されません。
また、プロフィールを作成して年齢制限をかければ表示されません。

まとめ「DMM TV」と「dアニメストア」比較

「DMM TV」と「dアニメストア」の違いをまとめます。
比較の結果として、どちらがおすすめか。

最大の違いは、アニメ関連以外のコンテンツがあるか、無いか。

アニメ以外もオールジャンルで見たい、映画、ドラマ、バラエティ番組なども見るのであれば、「DMM TV」を選ぶしかありません。
配信本数の量では完全に上回っています。

逆に、アニメしか見ないというのであれば「dアニメストア」がおすすめ。
アニメ作品の量では同程度。

両者のアニメ配信本数という量は同じくらいではありますが、地上波先行配信や地上波同時配信、最速配信数No.1、昔に放送された懐かしの名作といった、質の面で比較すると「dアニメストア」のほうが充実しているという声もあるくらいです。

どちらも月額550円ということで、他の動画配信サービスと比べて安いことはメリット。
平均的に1000円前後、高いところは2,000~4,000円くらいしますから、「DMM TV」と「dアニメストア」なら、両方に入会するのも悪くない。

「DMMポイント」を貯めたり使ったりしている方は「DMM TV」がいいかもしれません。特にDMMの各種サービスを利用している、利用したことがあるなら。

「dポイント」を貯めたり使ったりしている方は「dアニメストア」がいいかもしれません。

両者とも、初回に限り無料トライアルがありますので、実際にお試しで使ってみて、見たい作品があるほう、あるいは機能的に使いやすいほうを選べばいいと思います。
もちろんアニメ好きなら両方に登録するのもおすすめ。

DMMプレミアムの登録はこちら(DMM TV【公式】)初回30日間無料。550ポイント付与
※「DMM TV」【公式】DMMプレミアム登録はこちら
DMMプレミアム(DMM TV)

「dアニメストア」【公式】は、こちら。初めての方は初月無料!
※dアニメストア公式はこちら

関連記事

dアニメストアがファイヤースティックで見れない?
dアニメストアとLeminoどっちがいい?違いを比較してみた
Huluとdアニメストア両方入るメリットとデメリットは?
Leminoやdアニメでテレビ映らない画面真っ暗なのはなぜ?
Amazonプライムで見るdアニメストア別料金で有料か?無料体験あるか
アニメ見るならどのサブスク?動画配信サービスおすすめ
【DMM×DAZNホーダイ】とは?DAZN料金720円も安いお得なセットプラン
DMMのDAZNで一時停止できる?ダゾーンだけ解約したい場合どうするか「DMM×DAZNホーダイ」